無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 大連(1) | トップページ | 大連(3)大連駅は上野駅ソックリさん »

2006/07/17

大連(2)日本統治時代の建築

大連に生まれ育ち「大連がふるさと」という日本人は多いだろう。
でもその故郷は他人の土地だった。

愛着のあるこの街をあとにし、大連港から帰国した多くの日本人にとって、ここは
忘れられない特別の街に違いない。

現在の大連には、そんなノスタルジックな感傷などみじんも感じられない。
鉄筋コンクリートの高層ビルが建ち並び、車のクラクションがけたたましく鳴り
響き、めまいがするほど雑多な商品が街角にあふれている。

でもそんな経済発展をつづける大連にあって、日本統治時代に建てられた数々の
建築は、いまだに堂々とその存在感を示していた。

いくら文化的価値が高いといっても、これらの建築群は中国人にとって愉快なもの
ではないだろう。でも破壊することなくちゃんと建物として使い続けてくれた。
建物の美しさに感嘆するとともに、中国人の寛大さにも感謝する私だった。

_003s_1

当時の建築を鑑賞するなら、中山広場(旧大広場)周辺に泊まるのが最適だろう。
この広場を取り囲むようにして、代表的な大連賓館ホテル(旧ヤマトホテル)を
はじめ石造りの洋風建築が建ち並んでいる。

_059s

コンクリートの高層ビルに囲まれて建つ「旧横浜正金銀行大連支店」(ロシア風の
白い建物)。手前のエンタシスは旧中国銀行大連分行(多分)

_085s_092s

三越みたいに玄関にはライオン像が鎮座している。

ネット上で「日本が建てた大連の洋風建築の写真」を見つけた。
旅行前に見れば良かったなぁ~。でも足を棒にして歩き回り、ほとんど見てくる
ことが出来たけど。


« 大連(1) | トップページ | 大連(3)大連駅は上野駅ソックリさん »

旅・中国」カテゴリの記事

コメント

ろうまさん、お帰りなさい、お久しぶりです。
大連に行かれると観てからコメントしようと思っていたのですが、既に帰っておらたんですね。
忙しくて路地裏もうろつく暇無しで見逃しておりました。

実は私9月にツァーで大連に行きます。
中国語を習っている人たちのグループで2泊3日なんですが、これが29800円という超格安ツァーなんです。9月の連休がらみ。
でも格安だから、と思ってホテルランクアップしたので39800円ですが。(すっかり旅行会社の罠にハマっているのかしら?)中国線は7月25日から燃料サーチャージも値上がりするみたいです。

フリータイムはお互い中国語の練習としてオプショナルツァーを取らずに自由に歩き回るつもりです。

ろうまさんの情報はいつも大変参考になります。
ご紹介の洋風建物のURLもチェックしてみました。美しい写真を見て行きたい気持ちが強くなりました。
美味しいところも教えてくださいね。

HANAさん、ごぶさたしています。
私も数ヶ月忙しい日々が続いてしまい、やっと大連に3泊4日で行ってきたのですが、スッカリぐーたら癖がついてしまいました。
HANAさんはずっと中国語学習を続けているんですね。
さっすが~!9月の大連旅行が楽しみですね。ホテルをランクアップしたということですが、何ホテルかしら?大連賓館かな?
大連は日本企業の進出ラッシュで、日本人ビジネスマン向けの情報誌が沢山ありました。最新情報が載っているので、けっこう参考になりましたよ。これからおいおい書いていきますね。
路地裏の書き込みがなかなか読めなくて、宿題みたいに溜まっちゃっているんですが、そのうちに大連旅行記をアップしたいと思います。
またお話を聞かせてくださいね。

ろうまさん、こんにちは
路地裏にも旅行記アップしてくださるとの事、楽しみにしています。
中国語は本当に細々と続けています。ちっとも進歩しないしクラスも仕事や遊びで休みがちで落ちこぼれて他の人の足を引っ張っていますが、良い仲間に恵まれて続いているだけ。継続は力なり、の一念でやっています。
国内でも中国人旅行者が増えていますがなかなか話しかける言葉が出てこないで悔しい思いをしています。
最近ビジネスマンが増え中国路線は航空会社は力を入れているようです。特典航空券も取りやすいので週末留学とは言えないけどうろうろしながら中国語を実践に行きたいです。
大連のホテルは日航ホテル。中国語では何だったか。ロシア街にも近いし空港への無料送迎もあるらしいので帰国日は自力で帰ろうかな、なんて画策しています。
続きを楽しみにしています。

お久しぶりです。
大連は、かかりつけの歯医者さんの先代が大連で暮されたとかで、その歯医者さんの建物は天井が高く、雰囲気がロシアっぽい。
ロシアに行ったことないんですけど、そんな気がしてます。
6月はアカシアがきれいなんではないですか?

うららさん、こんばんは。大連はやはりアカシアがシンボルのようですね。「アカシア祭り」などもあるようです。
でもアカシアは桜のように咲いている期間が短いとか。私も一度アカシアの季節に訪れてみたいです。
大連は最初ロシアが建設していた街なので、ロシア風の建物も多く残っていますし、日本人が建てた建物もほとんどが洋風建築なので、当時大連にいた日本人は、異国情緒をたっぷり味わったことでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/10986643

この記事へのトラックバック一覧です: 大連(2)日本統治時代の建築:

« 大連(1) | トップページ | 大連(3)大連駅は上野駅ソックリさん »