無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 東京下町は今 | トップページ | 錦糸町オリナス »

2006/03/26

年をとらない大人たち

長年マンションの管理人をやっていたオバさんが、今日で辞めることになった。
定年かな?そうするとオバさんの年齢は65歳かな?
そんなことを思いながらお菓子を持ってお別れの挨拶に行く。

「長い間ご苦労さま。ところで定年で辞めるんですか?」
「えっ、とんでもない。定年はとっくに過ぎていますよ。でも理事長さんや皆さん
から是非やってほしいと言われて、ここまでやらしてもらったんです。でも私は
もう73歳ですからねぇ。会社がこれ以上は無理だと思ったんでしょう」
「え~っ、73歳!とてもそんなお年には見えませんよ。私は65歳で定年に
なったので辞めるのかと思っていましたよ」

オバさんは後任の中年男性よりずっと若く見える。
お化粧をしているからかしら。お化粧は外見だけでなく精神的にも効果があるん
だろうなぁ~。

オバさんは心身ともに健康だし、何より管理人としてのプロ意識をシッカリ持って
いて、口うるさいけれど頼りになる人だった。まだまだ元気で本人もやる気がある
のに辞めてしまうなんて勿体ない。

私の周囲には60代、70代になってもバリバリ働いている人が多い。
皆さんに共通しているのは、頭が切れることと健康で若々しいことだ。
日本は少子化で労働人口が足りなくなると言われているんだから、高齢者の能力を
もっともっと活用すべきだと思う。

そんなことを考えていたら、数日前に見たテレビニュースの特集を思い出した。
「年をとらない大人たち」というタイトルで、今年60歳になるアメリカのベビー
ブーマーを取り上げた番組である。

現大統領ブッシュ夫妻も前大統領クリントンも今年60歳。彼らはベビーブーマー
と呼ばれている。日本の団塊の世代と同じような意味だろう。

この世代は全人口の四分の一を占め、現在も過去も常に社会の主流となってきた。
彼らはこれ迄の60歳とまったく違っている。
「パーティが終わったと思ったら、また新たなパーティが始まった」というように、
これからも若さや充実した人生を求めていて、年齢を重ねることを拒否しているの
だとか。だから「年をとらない大人」なのである。

日本でも中高年ばかりの劇団が話題になったりして、そんな傾向が生まれている。
「遅すぎることはない。人生の後半に青春を持ってくることも出来る」と話すのは
シャンソン歌手の「若林ケン」

誰にでも出来ることではないけれど、まあ老け込んで病気になるより好きなことを
やって生き生き暮らしたほうが、本人にとっても社会にとっても幸福なのは確かだ。
好きに生きるにはお金が必要‥‥ってところが、ネックだけれどね。

« 東京下町は今 | トップページ | 錦糸町オリナス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/9258428

この記事へのトラックバック一覧です: 年をとらない大人たち:

« 東京下町は今 | トップページ | 錦糸町オリナス »