無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 酒は百薬の長 | トップページ | 南米ボリビア »

2006/01/20

ヘンな日本語(中国&イタリア)

新聞に「イタリアのメディアが連日ライブドア騒動を報道している」という記事が
載っていた。何でもイタリアでは、昨年末から中央銀行前総裁と取り巻きらによる
インサイダー取引疑惑が報じられていて、「日本でも同じような疑惑事件が騒ぎに
なっている」と親近感を持たれたようだ(^o^;)

だけどイタリアではこんなこと日常茶飯事だからね~。
しょっちゅう首相とか国の中枢にいる人が、汚職疑惑で辞めたり復帰したりして
いる国なんだから。

私としては「あんたらと日本を一緒にしてもらっちゃ困るよ!」と言いたい。
でもそう言い切れないのが昨今の日本社会‥‥情けない。

ところで「中国で見つけたガラクタ」ブログの田中さんから、上海で見た「変な
日本語」をトラックバックして貰った。(右側の最近トラックバック「意味不明
のネオン」をクリックして下さい)
確かに中国に行くと「目が点」になることばかりだが、それにしてもこの日本語は
すっごい。

中国とイタリアは「ヘンな日本語に出会える楽しみ」を味わえる国だ。
いい加減なことでも甲乙つけがたいけれどね。
「ユニーク日本語」では質量とも中国が圧倒しているけれど、ヨーロッパという
遠い国にあってイタリアは健闘しているんじゃないかな。

私の「ヘンな日本語・イタリア版」の一押しは「けっさくローマのホテル」
(クリックして日本語の案内を読んでください。笑えますよ)

それからこの看板は多くの日本人が訪れるスペイン階段真ん前のピッゼリア。
となりのイタリア語がなかったら、これをピッゼリアとはとても読めない。

HIMG0026-s

p.s.1月25日の夜、上の文章に書いた「けっさくローマのホテル」にアクセスして
みたら、ホテルのホームページが更新されていて、日本語案内が無くなって
いました。誰かが密告(^o^;)したんだろうか‥‥。
お笑い度最高だったんだけどなぁ。惜しいなぁ。

« 酒は百薬の長 | トップページ | 南米ボリビア »

海外あれこれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/8254001

この記事へのトラックバック一覧です: ヘンな日本語(中国&イタリア):

« 酒は百薬の長 | トップページ | 南米ボリビア »