無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« ローマの思い出(4)お金のこと(その一) | トップページ | TOKIA »

2005/11/05

ローマの思い出(5)お金のこと(その二)

そうそう紙幣で思い出したけど、イタリアには何種類もの100リラ紙幣が出回っ
ていた。あとで分かったのだが、これは正式な紙幣ではなく、不足している100
リラを補うために各銀行が勝手に発行したものだった。

正式なものでないから、破れたりするともう支払いに使うことができないので、
よくチップに混ぜて渡していた。まるでババ抜きのババみたいに。

その後何年かたってイタリアを再訪したとき、この紙幣は姿を消し、代わりに
100リラ硬貨が流通していた。
「そうか、イタリア経済は好調なんだな」と、そのとき思った。

いろいろな国に行ってみて感じたのだが、貧しい国にはコインがない。
紙幣だってボロボロになるまで使い切る。
エジプトに行ったとき、ぷんぷん臭ってつまんだら空中分解しそうなお札
には閉口した。潔癖症の人はエジプト旅行は無理だろうね。
でもどんなに汚くても、決して捨てようと思わないのだから、お金の威力って
すごい。

経済的にゆとりが出てくるとコインが出回る。私はコインの流通具合でその国の
経済状況を判断している。

ところで観光客が支払いに使うのは各国の貨幣だけでない。
泥棒が多いことで有名なイタリアへの旅行だからか、トラベラーズ・チェックを
持ってくる人も多かった。

ご存知のようにトラベラーズ・チェックはサインする箇所が二つあり、あらかじめ
一箇所にサインしておき、支払うときにもう一箇所にサインする。サインを照合
することで、本人であることを確認するわけだ。

でもレジが混雑していたり時間がなかったりして、サインを忘れて行くケースが
後を絶たなかった。そして、お客が書き忘れたサインを真似して書くのも、私の
役目だった。

サインする数が多いと、マネするのも手抜きになって、余り似ていない字になる。
でもそこはアバウトなイタリアの銀行のこと、いつもスンナリ受け取ってくれた。
とりあえず日本人が書いたサインならOKだったようだ。

ちなみに、アルファベットにしても数字にしても、日本人の書いた字とイタリア人
の書いた字は、ひと目で違いが分かる。それほど書体が異なる。
だから日本人の書いた文字は、日本人でなければマネ出来ないのだった。


« ローマの思い出(4)お金のこと(その一) | トップページ | TOKIA »

ローマの思い出」カテゴリの記事

コメント

おーい、ダブってるよ。(^◇^)

欠食児 さん、こんにちは。
あれ?ホントにダブっていますね。
どうしてかしら?

早速ひとつ削除しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/6917329

この記事へのトラックバック一覧です: ローマの思い出(5)お金のこと(その二):

« ローマの思い出(4)お金のこと(その一) | トップページ | TOKIA »