無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005/11/26

プラハ(1)

ローマからプラハに行った。

初めてのプラハは静かで美しい街だった。
ローマもプラハも歴史的建築物がそのまま残されている世界遺産の街だが、
古代ローマ帝国の建造物がドッシリ重いローマに比べ、プラハはゴシック、
バロック、アールヌーヴォーなど様々な様式の建物が混在し、それがハーモニーと
なってロマンチックな雰囲気だった。

HIMG0087-s
かなたに見えるのはプラハ城。

HIMG0114-s
街中が美術館。

HIMG0141-s


特に地下鉄は、乱暴で落書きだらけで薄暗いローマからみると、明るくきれい
だった。それでつい油断してしまった‥‥と言うと言い訳になるが、ドアの前に
立ってなかなか通してくれない男を押しのけるようにしてホームに出て初めて、
バッグが開けられているのに気が付いた。
ハッとして電車を見ると、すでにドアは閉まりホームを離れて行くところだった。

さあ、それからが大変。現金はもう戻らないだろうが、カードを無断使用されない
ように支払いをストップしなくてはならない。
でもカードが使用できなくなれば、ホテル代も払えなくなる。
プラハを離れるまで当日を含めて3日間どうやって過ごそうか。

結論は一つ、日本大使館に相談してお金を貸してもらうしか無かった。
急いでホテルに戻って日本大使館に電話し、何とか大使館にかけつけたとき、
辺りはもうスッカリ暗くなっていた。

あとでガイドブックを見て分かったのだが、特にプラハはスリが多いらしい。
被害にあったとしても、ツアーや友人、カップルならお金を借りることが出来る
だろうが、私のような一人旅となると大使館にすがるしかない。また大使館も
そういう人にしかお金を貸さない。

ところがあまりにもスリ被害が多いので、貸す資金も底を付いてしまったと、
若い男性の大使館員は言った。
「貴方の前にやって来た女性はチェコ人の友人がいると言うので、何とか交渉して
その人からお金を借りることにしたんです。そうしないと貴方に貸すお金がないん
ですよ。お金もカードも全部盗られたんですか?」
「日本円が1万円ちょっと残ってます。切り詰めれば2日間くらは過ごせますけど
ホテル代はとてもこれだけじゃ足りません」

その時私はふっと思いついた。
「インターネットでホテルを予約する時、私のクレジットカード番号を知らせて
あるんです。連絡もせずにキャンセルした時は、ホテルがそこからお金を取れる
ようになっているので、これでホテル代の支払いはできるんじゃないかしら?」

チェコ人の館員がすぐにホテルに電話してくれて、私のサインがあればOKという
ことになった。ホテル代さえクリアすれば、1万円で2日間何とかやりくり出来る
だろう。私はお金を借りないことにした。大使館も本当に困っているようだった
から。

若い大使館員が「これでバッグのファスナーを留めてください。なかなか開かない
となるとスリは諦めますからね。二度も被害にあった人や、切り取られてバッグ
ごと持って行かれた人もいますから」とゼムクリップを私にくれた。

この人は本当に親切だった。
何かと評判の悪い日本大使館だが、こんなに一所懸命やってくれる人もいるん
だな。

プラハ(2)

ホテル代はカード払いできることになったが、そうなるとホテル代の決済をして
からでないとカードを止められない。
大急ぎでまたホテルに戻り、カードのレシートにサインして大使館員から貰った
カード会社の緊急連絡先一覧表を見ながら電話をかけた。

この時になって初めて知ったのだが、プラハにはカード会社のオフィスがない
ので、VISAはアメリカ、マスターカードはオーストラリア、JCBは日本と、
長距離電話をかけなければならない。
ウィーンなら市内に各オフィスがあるらしい。プラハもせめてウィーンのオフィス
で対応してくれたら良いのに。

翌日電話料金を聞いたら1969Kc(1万円位)だという。
そんなお金など何処にもない。
「これはコレクトコールのはずよ。だいいち私はカードもお金も無いんだから、
どうやったって払えないのよ」
困り果てたレセプションの女性が支配人に電話し、払える金額の400Kcで良いと
いうことになった。やれやれ。

あ~それにしても、ホテル代と電話代は済んだが、あと2日間はケチケチ節約
しなくてはならない。
もっともプラハは街並みそのものが観光資源なので、歩いて廻るツアーが多い。
だから私も地図とガイドブックを片手に市内散策することにした。

HIMG0153-s
スメタナホール。

歩き廻って気がついたのだが、同じように中心部が歴史的街並みとなっていても、
プラハはローマよりだいぶ狭い。でも道はけっこう入り組んでいて、ローマより
分かりにくい。ローマの通りや広場には、どんな小さくても必ず名称が記して
あるが、プラハは必ずしもそうでない。

HIMG0169-s
インターネットカフェもあったが、お金がなくて利用できなかった。

それから、フランスやイタリアなど西側の国にはアラブ、アフリカ、アジア人が
たくさん住んでいるが、もと共産圏のプラハでは欧米系以外の人の姿をほとんど
見かけない。だから日本人などアジア系が目立って、スリに狙われやすいのかも
知れない。現に私が泊まっていたホテルでも、マレーシアから来たカップルが
財布をすられ、レセプションで怒りまくっていた。被害数が余りにも多いので、
警察もまじめに取り扱ってくれないようだ。

プラハ(3)

手元資金1万円といっても、成田から家までの交通費もとっておかなくてはなら
ないから、実際に使えるお金はもっとずっと少ない。

観光は歩くだけなので無料だし、食費も、朝はホテルのビュッフェ、昼間マックか
セルフサービス、夜はスーパーマーケットのお惣菜と安上がりですませた。

HIMG0150-s
スーパーで「さけと野菜のマリネ」「マカロニサラダ」各100g、水、缶ビール、
チョコバー、これで70kc(約350円)。マリネが美味しかった。

HIMG0168-s
セルフスタイルのビストロ。チキンのインドスタイルとスモールビールで88kc。

でも何より残念だったのは、一番楽しみにしていたオペラやコンサートに行け
なくなったことだ。プラハの街を歩いていると、スメタナホール、国立博物館、
プラハ城などの歴史的な建築物のコンサート案内をよく見かける。
あちらでもこちらでもコンサートだ。

HIMG0094-s

HIMG0011-s

特にモーツァルトがオペラ「ドン・ジョバンニ」を初演した「エステート劇場」は、
私が泊まっていたホテルのすぐ目と鼻の先にあるのだ。せめて建物だけでも写真に
撮っておこうと帰国する日も行ってみたら、入り口では明日から始まる「ドン・
ジョバンニ」公演のチケットを販売していた。あ~チケット買いたいなぁ。

HIMG0157-s


歴史的劇場で観劇するとなると、リュックサックとスニーカーというわけには
いかないので、これまで持ってきたことのないバッグとヒールのある靴にした
のだ。その挙句がこれですもんね。本当に本当に悔しい。

散々なプラハ滞在だったが、せめてもの救いは盗難にあう前にプラハ城に行き
近くのオシャレなレストランで食事をしたことか。プラハ城は入場料が高いので、
盗難後だったら遠くから眺めるだけだったかも知れない。

HIMG0090-s
素敵なインテリアのレストランだった。

HIMG0089-s
トマトスープの脇にあるのはコーヒーでなくホットワイン。お砂糖とレモンが
ついている。皆入れてみた。変な味。

HIMG0092-s
メインのポークとコロッケみたいなもの。


2005/11/25

プラハで盗難にあいました

今、ソウルの仁川国際空港です。
ここの大韓航空ラウンジに無料でインターネットできるコーナーがあり、そこから書き込んでいます。

無料だなんて、本当にありがたいです。というのも、プラハの地下鉄で財布をすられてしまい、カードもほとんどのお金も(まあ3万円ちょっとですが、私にとっては大金です)無くしてしまったからです。プラハがローマに比べ静かな街で、地下鉄も近代的でだったので、ついウッカリしてしまいました。あとでガイドブックを見たら、「特にプラハの公共交通機関でのスリが多発している」と書いてあるではないですか。うかつだったなぁ〰。

盗られた時すぐに気がついたのですが、電車のドアが閉まってしまいました。
さあ、それからが大変です。お金は戻ってこないでしょうが、カードの支払いを早急に差し止めなくてはなりません。それにホテル代やら滞在費やら、いくら切詰めるとは言ってもお金がなければ身動きとれません。もう夕方でしたが、ホテルに戻りすぐ日本大使館にtelしました。ツアーとかカップルとか連れがいる人は何とかなりますが、私のような完全に一人旅の場合は大使館からお金を借りるしかないのです。

私「すみません。地下鉄で財布をすられてしまいました。お金を貸してもられないでしょうか?」
大使館「え〰っ、またですか。余りにも盗難被害が多くて、大使館の資金が底をついてしまったんです。困った、困った」
私「とにかく、これからそちらに行きます」
大使館「場所は分かるんですか?」
私「ガイドブックを見て行きます」

それから嫌いな地下鉄&トラムと乗り継ぎ(まとめて電車のチケットを何枚かかっておいたのです。それがなければ大使館にも歩いて行かなくちゃなりませんでした)方向音痴なものだからトラムの方向を間違えたりして、夕方5時にたどり着きました。

まあその辺の顛末は帰国してから書き込みます。高い授業料を払いましたが、トラブルもトラベルのうちと気持ちを切り替えて、少しばかり残っていた日本円で、切詰め切詰めプラハの2日間を過ごしてきました。

仁川空港では4時間半も待ち時間があるので、トランジットツアーに参加してソウル市内観光しようとか冷麺を食べようとか、いろいろプランを立てていました。それが全部水の泡。日本に着いても家までの電車賃も必要ですからね。でも1000円両替して冷麺食べようかな。

それにしても、私はつくづくお金と縁が無いんですね。
この盗難事件を除けば充実した旅だったので、おいおい旅行記も書いていきます。
よかったら読んでくださいませ。


2005/11/21

ローマにて

夕方フィレンツェからローマに戻り、ホテルに
チェックインしてから早速スペイン広場に行きました。
昔働いていた場所なので、ローマに来たら何をさて
おいてもここに来ます。

しかし土曜日のスペイン広場とコンドッティ通りは
観光客で超満員、まるでラッシュアワーのようで、
歩くのもままならない程でした。

でも今日日曜日の朝は打って変わって静かでした。
もっとも10過ぎると続々と観光客が繰り出してきて
ローマはまるでテーマパークのようでした。

どこに行っても大混雑なので、すいているミュージアム
を選んで芸術鑑賞してきましたが、これが最高でした。

それにしても、テルミニ周辺には数軒のインターネット
屋さんがありますが、どれも速度が遅くてなかなか接続
できずイライラします。

ローマでイライラしたんじゃ駄目ですね。

2005/11/19

フィレンツェにて

今フィレンツェです。夜7時半ごろ。
昨日はローマからトスカーナ地方のワインの産地
「montipulciano」経由でシエナに来ました。
でもバスの本数が少なくてノンビリ出来なかったのが
心残りです。素敵な、素敵な村だったので、一泊して
名高いワインを味わいたかった。

でもワインを飲まなかったのは、結果的には良かった
かも。何故なら、村が山の上にあるので道がつづら折
になっていて、車酔いしてしまったからです。

今日はシエナからサンジミニャーノ、そしてフィレンツェ
とバスで廻りましたが、何とか体調を崩さずホテルに
たどり着きました。ホテルの隣りにインターネット屋さん
があったので、この書き込みをしています。

明日はまたローマに戻ります。

2005/11/12

TOKIA

旅行に備えて、時間があったらウォーキングしている。先週は久しぶりに皇居一周した。途中から雨になってしまったが、お日様が照っていると外を歩く気にならないから、ちょうど良かった。

そして今日も午後からウォーキング。靴に慣れるのが目的だ。いつもの東京駅地下に行くと、あらら又新しいビルが丸の内にオープンしている。配っていたパンフを見ると、「TOKIA」というビルで昨日オープンしたばかりらしい。HIMG0001
でも年がら年中新ビルがオープンしているもんだから、目新しさがないのか、オフィスとレストランだけでショップがないからか、見物客の数はそんなに多くなかった。

レストランはなかなか良さそうだ。ザーッと見たところ、関西系のお店が多い。HIMG0006

一番食べたかったのがこの串揚げのお店。大阪には安くて美味しい串揚げのお店がたくさんあるらしい。
ランチタイムがもう終わっていたので、今日は食べられなかったけれど、串揚げ好きの私には楽しみなお店だ。(↓)

HIMG0009

それから丸の内にしては珍しく立ち呑み屋もあった。(↓)
HIMG0003
最近は女性にワンカップ日本酒が人気だというから、こういうお店にも女性の一人客が増えるんじゃないかしら。入りやすそうなお店だった。

2005/11/05

ローマの思い出(5)お金のこと(その二)

そうそう紙幣で思い出したけど、イタリアには何種類もの100リラ紙幣が出回っ
ていた。あとで分かったのだが、これは正式な紙幣ではなく、不足している100
リラを補うために各銀行が勝手に発行したものだった。

正式なものでないから、破れたりするともう支払いに使うことができないので、
よくチップに混ぜて渡していた。まるでババ抜きのババみたいに。

その後何年かたってイタリアを再訪したとき、この紙幣は姿を消し、代わりに
100リラ硬貨が流通していた。
「そうか、イタリア経済は好調なんだな」と、そのとき思った。

いろいろな国に行ってみて感じたのだが、貧しい国にはコインがない。
紙幣だってボロボロになるまで使い切る。
エジプトに行ったとき、ぷんぷん臭ってつまんだら空中分解しそうなお札
には閉口した。潔癖症の人はエジプト旅行は無理だろうね。
でもどんなに汚くても、決して捨てようと思わないのだから、お金の威力って
すごい。

経済的にゆとりが出てくるとコインが出回る。私はコインの流通具合でその国の
経済状況を判断している。

ところで観光客が支払いに使うのは各国の貨幣だけでない。
泥棒が多いことで有名なイタリアへの旅行だからか、トラベラーズ・チェックを
持ってくる人も多かった。

ご存知のようにトラベラーズ・チェックはサインする箇所が二つあり、あらかじめ
一箇所にサインしておき、支払うときにもう一箇所にサインする。サインを照合
することで、本人であることを確認するわけだ。

でもレジが混雑していたり時間がなかったりして、サインを忘れて行くケースが
後を絶たなかった。そして、お客が書き忘れたサインを真似して書くのも、私の
役目だった。

サインする数が多いと、マネするのも手抜きになって、余り似ていない字になる。
でもそこはアバウトなイタリアの銀行のこと、いつもスンナリ受け取ってくれた。
とりあえず日本人が書いたサインならOKだったようだ。

ちなみに、アルファベットにしても数字にしても、日本人の書いた字とイタリア人
の書いた字は、ひと目で違いが分かる。それほど書体が異なる。
だから日本人の書いた文字は、日本人でなければマネ出来ないのだった。


ローマの思い出(4)お金のこと(その一)

私が勤めていた会社は日本人相手のいろいろな事業をしていたが、そのメインは
日本人ツアー客相手のブティックだった。
ブティックといってもブランド物のバッグ・靴からしおりのような小物まで、
老若男女すべてを相手に、ごった煮的に商品を並べたお土産屋さんのようなもの
だけど。

今でこそ免税店めぐりばかりのツアーは嫌われるが、当時は海外旅行初めてと
いう人ばかりだったので、安心してイタリア製品が買えると重宝がられていた。

旅行にはシーズンがあるが、特に日本人の場合はオンとオフの差が大きくて、
ゴールデンウィークや年末年始には店内は観光客でラッシュ並みに混雑した。

たいていのツアーはヨーロッパ各国を駆け足で廻るので、国が変わるごとに
貨幣も変わり、数ヶ国の余ったお金が手元に残ることになる。
お客さんはそれを支払いに使いたいと言うのだ。
他のお店ではもちろん断られるだろうが、そこは日本人経営のお店、無理がきく。
そういうわけで、このブティックでは、ヨーロッパのものならどんな紙幣でも
受け取っていた。もっともレートはいい加減だったけど。

旅行シーズン真っ盛りとなると、さまざまな国の紙幣とトラベラーズチェックで
私の部屋の大型金庫がいっぱいになり、扉が閉まらなくなるほどだった。

そのお金を翌日銀行に持って行くのだが、集計するのがまた一苦労で、真夜中
までかかることも珍しくなかった。円とかリラだけなら数えるのは簡単だが、
マルクだのペセタだのが入ると、訳がわからなくなる。

毎日こうやって各国のお金を扱っていると、だんだん好みの紙幣と嫌いな紙幣が
出てくる。嫌いなのはまずUSドル。日本人が持ってくるドルはピン札が多く、
何枚もが印刷インクでピッタリくっついていて、数えるのも1枚ずつにはがすのも
手間がかかった。
それからフランスフランも嫌いだった。ぺらぺらの大判な紙幣で整理しにくい
のだ。


2005/11/04

新宿にて

ケータイからアップ20051104171910.jpg

2005/11/03

デジカメ試し撮り

「格安デジカメ」を買った。

今まで200万画素だったのが350万画素になった。それにケータイより軽くて小さい。電源は単四電池2個のみ。これは助かる。
今までは旅行に充電器が必携だったし、毎晩ホテルでぴったり合うコンセントを探さなければならなかったが、電池ならどこでも簡単に手に入る。

でもこの軽さだと手ぶれの心配があるし、新しいカメラなので操作にも慣れておきたい。

‥‥というわけで、いつものコースをウォーキングがてら、スナップ写真を撮ってきた。
HIMG0001


東京駅八重洲口構内で、「口と足で描いた世界の絵画」という展覧会をやっていた。障害者の描いた絵画の展覧会で、たしか去年もやっていた。

会場で画家が描いていたこの絵が、やわらかいタッチで一番気に入った。

今はエキナカが人気だが、充実度では東京駅がダントツだと思う。
とにかく広いし何でもあるし店舗数も多い。お弁当も日本中のものが揃っている。
HIMG0006


東京駅から有楽町にかけては、日本各地のアンテナショップや観光物産店が沢山あって、いながらにして旅行気分に浸れる。中でも私が一番気に入っているのは有楽町駅前「交通会館」にある「むらからまちから館」。

日本各地の工夫を凝らした特産品が陳列されていて、また新製品がどんどん出てくるので、見ているだけで楽しい。
HIMG0010

今日はこのお店で人気ナンバー2という「紀州の実入り梅酒、157円」と「高島町のアロエパスタ、380円」を買ってきた。


« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »