無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« これからの旅プラン | トップページ | 中国で働く日本人中高年 »

2005/10/01

藤沢周平の世界

NHKの金曜時代劇「秘太刀馬の骨」が終わった。

主演の内野聖陽は、「蝉しぐれ」以来スッカリ好きになってしまったのだが、
今回はますます侍姿が板について、少しはみ出し者の剣の使い手がカッコよかった。

藤沢周平の描く時代劇の世界はしみじみとした情感があって良いなぁと思う。

彼の小説の中に出てくる海坂藩は、山形県の鶴岡市が舞台だと言われている。
それを聞いて鶴岡に行ってみたくなった。
今の日本にも海坂藩のような世界がまだ残っているのだろうか。

「蝉しぐれ」映画版ももうすぐ公開されるようだ。
主演の文四郎役は市川染五郎だが、テレビの内野聖陽が本当にピッタリはまり役
だったので、このイメージを壊されたくないな。
木村佳乃のお福は良さそうだけど。

新聞のコラムに「世田谷文学館で藤沢周平の世界展」が開かれていると書いて
あった。出来たら行ってみたい。

« これからの旅プラン | トップページ | 中国で働く日本人中高年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/6193439

この記事へのトラックバック一覧です: 藤沢周平の世界:

« これからの旅プラン | トップページ | 中国で働く日本人中高年 »