無料ブログはココログ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 旨い食べ物と旨い酒の旅(ポルトガル) | トップページ | 中国・紹興酒の旅 »

2005/09/10

旨い食べ物と旨い酒の旅(ポルトガルの続き)

ポルトガルは、豊富な魚介類を使った料理と地方色豊かな安くて美味しいワインを
味わうことができる素敵な国だ。

ポルトガルと日本のつながりは深い。
ご存知のとおり、日本に最初にやってきたヨーロッパ人は、種子島に鉄砲を伝えた
ポルトガル人だった。日本語の中にはポルトガル語にちなんだものも多い。

でも現在のポルトガルは遠い。
日本からの直行便がないので、ヨーロッパのどこかで乗り換えなくてはならない。
もっと近くにあったらなぁ~と、ポルトガルの食事を思い出すたびに、ため息を
つく私だった。

_0162s

ポルトのレストランにて、ヴィーニョ・ヴェルデといわしの料理。

ツーリストメニューがあったので、それを注文した。パン、それからこれだけで
十分メインになりそうなスープ付き。
これがとにかく美味しかったので、翌日もこのレストランで食べた。
ワインはダオンにした。ポルトガルを愛した作家の壇一雄が好んで飲んだワイン。

ダオンは、サッパリした白のヴィーニョ・ヴェルデと対照的な、ふくよかな赤だった。
他にもマデイラ、アレンテージョ、もちろんポルト等々、ポルトガルは個性豊かな
ワインの宝庫だ。
毎日毎日タイプの違う美味しいワインが飲めて、もう幸せとしか言いようがない
旅だった。

_0382s

海洋国ポルトガルの市場には豊富な魚介類が並んでいる。

首都リスボンも海に面していて、市内の広場でひと休みしていると、かもめが
飛んできたりする。潮の匂いのする街だ。

_0022s

リスボンの庶民的なレストランでお昼を食べた。
開店そうそうレストランは地元の人ですぐ満員になった。
お料理を頼むとドッサリと付け合せがついてくる。とても食べ切れなくて
この食事以後は単品だけ注文することにした。

_0032s

同じくリスボンの、ちょっと由緒ありげなレストランで。名物のタラの料理を
食べてみた。美味しかった。(下の写真)

_0482s

でもこういうレストランで一人食事するのはちょっと寂しい。
レストランのウエイターがいろいろ気を使ってくれた。

_0492s

« 旨い食べ物と旨い酒の旅(ポルトガル) | トップページ | 中国・紹興酒の旅 »

旅・ヨーロッパ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、TMさん。

ご無沙汰しております。
おいしそうな料理ですね。ポルトガルは日本と同じく魚料理がたくさんありそうで、食が楽しめそうですね。ポルトガルはまだ行ったことがありませんが、どこかお勧めの場所があったら教えていただけますか?

frugel さん、こんにちは。
私は数十年前とこの時と2回ポルトガルを訪れていますが、地方にはほとんど行っていないのです。でもポルトガルファンの話を聞くと、ポルトガルの魅力は地方にあるようです。
向こうで出会った日本人観光客の誰もが、「ポルトガルは癒される。ヨーロッパの中で特別」と言っていました。でもEUになって急激に変化してもいるようです。

TMさん、こんにちは。
いいですね。ポルトガル。でも、EUになって物価は以前と比べて高くなっているのかもしれませんね。私は海岸線沿いの町とかに行ってみたいです。

frugel さん、こんにちは。

私が最初にポルトガルに行った時は、「ピレネー山脈を越えたら、そこはヨーロッパじゃない」と言われていました。リスボンは荒んだ雰囲気がありました。
でも2回目に行った時は、豊かになったからでしょう、治安もよくなっていました。

ポルトガルはオススメです。きっと好きになりますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/5874821

この記事へのトラックバック一覧です: 旨い食べ物と旨い酒の旅(ポルトガルの続き):

« 旨い食べ物と旨い酒の旅(ポルトガル) | トップページ | 中国・紹興酒の旅 »