無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« おひとりさまニューヨーク旅行(気軽な食事) | トップページ | おひとりさまニューヨーク旅行(ホテル) »

2005/06/18

おひとりさまニューヨーク旅行(MoMA)

MoMA(ニューヨーク近代美術館)は、日本人の谷口吉生さんが設計して昨年
再オープンし、日本でも話題になった。

前回のNY旅行の時このMoMAに行けなかったことが心残りだったので、今回は
必ず行こうと思っていた。

NY三日目の朝、早速5番街にあるMoMAに行ってみると、開館は10:30からと
なっている。(私が持って行ったガイドブックには、新オープンの美術館のことが
載っていなかった)仕方なくお茶など飲みながら時間をつぶし、10:40にもう一度
行ったら、玄関前にはすでにチケットを買う人の長い列が出来ていた。

もっともチケット売場は沢山あるので、そう長く待たなくても入ることが出来た。
(15分くらい待ったかな。午後2時頃にはスンナリ入ることができるでしょう)

MoMAは「近代美術」と銘打ってあるとおり、重々しいルネッサンス期の作品は
なく、日本人好みのピカソ、ゴッホ、マチスなどが多かった。それから作家に関係
なく色彩豊かな絵画が多い。MoMAの好みなのかしら。

これだけでも十分満足なのだが、実はMoMAには他の美術館にはない個性豊かな
企画がいくつもあるのだ。2階は「コンテンポラリーギャラリー」、3階は「ドローイング」
そして4階は「建築とデザイン」になっている。

この4階フロアにあっと驚く見覚えのある作品があった。

私のブログにアップしてある写真の椅子、とにかく座り心地良くて大好きな
白いプラスチックのその椅子が、何と展示品として並んでいたのだ!

最初私は目を疑った。それからためつすがめつ眺めてみた。
でもやっぱりあの椅子なのだ。

あわてて作者の名前をメモする。
そしてこのフロアのパンフレット「Architecture and Design」を開いてみると、
そこにもこの椅子の写真が載っているではないか。
(ちなみにこの椅子のすぐ前には「ISMU NOGUCHI」のテーブルがあった。これも
すっきりと素敵なデザインだった)

それ以来椅子のことが頭から離れず、今日わざわざ新橋の「カレッタ汐留」46F
スカイレストランまで行って椅子の作者を確かめてきた。

やっぱり同じ作者だった。

レストランフロアの椅子の脇には「Chareis & Ray Eames 1948」と書かれた
赤いプレートがかかっていた。私が貰ってきたパンフにある名前と同じだ。
しかも、わざわざその名前だけ太字になって、作品の説明にかなりの行が
さかれている。

「カレッタ汐留」46Fは空いていたので、私は芸術作品にしばし体を預けて
その心地よさを満喫してきた。やっぱり良いなぁ~、この椅子。

ずっと前からこんな椅子が欲しいと思っていたけど、こんな偉大な芸術作品
となると到底無理。でも「カレッタ汐留」に行けば、どんな貧乏人でも無料で
座ることが出来るんだから、Chareis & Ray Eames氏はむしろ喜んでいるかも
知れない。

新橋に行く機会があったら、皆さんもぜひこの椅子をお試し下さい。
美術品に座るなんて機会は滅多にないですよ!

« おひとりさまニューヨーク旅行(気軽な食事) | トップページ | おひとりさまニューヨーク旅行(ホテル) »

旅・USA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/4609682

この記事へのトラックバック一覧です: おひとりさまニューヨーク旅行(MoMA):

« おひとりさまニューヨーク旅行(気軽な食事) | トップページ | おひとりさまニューヨーク旅行(ホテル) »