無料ブログはココログ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« シルクロードの入口 | トップページ | 西安で食べる(2) »

2005/01/21

西安で食べる(1)

旅の楽しみは食事なので、ガイドブックのレストランが
載っている箇所をコピーして持って行った。
初めての街で、観光の合間に、目的のレストランに行く
のはそう容易いことではないが、今回は泊まったホテルが
鐘楼のすぐ近くだったので、いろいろと賞味することは出来た。

まず、ガイドブックに「世界各地の観光客が食べに訪れる」と
書かれた「同盛祥」の「羊肉泡バク」。
鐘楼のすぐ近くだったのでお昼に行ってみた。

seian_022s
(鐘楼から写真正面の鼓楼に続く道。右手の建物の中に同盛祥や
餃子の徳発長等の有名店が入っている)

実を言うと今回の旅行には「○○の歩き方」等の個人旅行者向け
ガイドブックは持って行かなかったが、代わりにカラフル写真満載
(と言うより、半分は写真)の大判の旅行マガジンを持って行った。
このマガジンには料理の写真が沢山載っていて、この「羊肉泡バク」も
あった。何故こんな重い本を持って行ったかというと、写真を指差す
だけで、食べたい料理を間違いなく注文できるから。
(食い意地最優先‥‥^^;)
それに、簡単な名所旧跡の説明も載っているので、いちおう旅行
ガイドブックにもなる。

そういうわけで、この羊肉泡獏(バクはへんが食)の注文は
スンナリいった。観光客が多いからウエイトレスも心得たもので、
メモ用紙持参でテーブルにやってきて「羊?牛?」と書く。
羊肉‥という料理なんだから、これはやっぱり羊だよね~と
羊の文字を指差してOK。

やっぱり写真指差し方式が一番だ。重い本を持ってきた甲斐が
あったわ。

seian_279s

まずこんな「おやき」のようなものが運ばれてきた。
ウエイトレスが見本の「おやき」をちぎって見せ、こうやって自分で
やれと言う。これが結構固くて骨が折れる。私がちぎったのを
見て、ウエイトレスがもっと細かくと実演してみせるl。

そうやって一つの「おやき」の半分くらいをちぎって待っていたが、
いつまで待っても肝心の料理がこない。変だなぁ~忘れている
のかしら?だいぶ経ってからシビレを切らしてウエイトレスを
呼んだら、「もうOKか?」と言って、私がちぎったおやきが入った
ドンブリを持って行き、そこに春雨入り熱々スープをかけてきた。

seian_280s

そうか、自分が食べたい分だけ「おやき」をちぎり、その上に
スープや具をのせて食べるのか。グラビア誌に料理の写真は
載っていても、食べ方までは載っていなかった。

スープは美味しかったけれど、「おやきクズ」の量が多くて、
味が薄まってしまった。春雨が入っているのだから、おやきクズは
もっと少なくてよかった‥‥と、ちょっとガッカリしたのだった。

« シルクロードの入口 | トップページ | 西安で食べる(2) »

旅・中国」カテゴリの記事

コメント

TMさまへ 4月に西安旅行を計画しています。鐘楼付近に泊まる予定なので特に興味を持って記事・写真を見ています。食事の写真はとてもわかり易く便利です。また、西安の紹介記事を掲載してください。

ガオシュンさま、コメント有難うございます。
西安については、私のホームぺージに旅行記が載っていますので、よかったらご覧下さいませ。
アドレスはhttp://www5a.biglobe.ne.jp/~vino/
です。ホテル情報もあります。
中国旅行はバス利用が便利です。現地に着いたらまず地図を買って、バス路線を調べて下さいね。でも変更になっていることもあるので、バス停の表示板で調べるのが一番確実です。
これからも少しずつ書いていきますので、読んで下さいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/2646674

この記事へのトラックバック一覧です: 西安で食べる(1):

« シルクロードの入口 | トップページ | 西安で食べる(2) »