無料ブログはココログ
2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

« 花粉症対策 | トップページ | 西安で食べる(1) »

2005/01/21

シルクロードの入口

西安はその昔シルクロードの入口(終着)だった都市。
民族も人種も文化も異なる様々な人たちが、ヨーロッパから、
アラブから、アジアからやってきて活躍していたという。

いいなぁ。長安の都にフラッと紛れ込んでみたいなぁ。

でもそれは叶わぬ夢なので、せめて今の西安に国際都市
の面影を探すとなると、やっぱりイスラム系の人々が住む
地域ということになるだろうか。

西安市の中心、鐘楼の近くにイスラム系の人々の居住地域
がある。食品市場、屋台、料理店、土産物屋などがギッシリ
密集していて、ここはまるでアラブのメディナのようだ。

そんな町の狭い道の奥に、ひっそりと守られるように「清真大寺」
(モスク)がある。モスクといってもドーム屋根の光り輝くような
寺院ではなく、一見したところ中国の道教のお寺のようだ。

でもモスクの建築の細部は、幾何学模様や青色で飾られていて
アラビア風だった。

seian_291s

seian_295s

モスクの中は町の喧騒が嘘のようにひっそりとしていた。


« 花粉症対策 | トップページ | 西安で食べる(1) »

旅・中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/2644356

この記事へのトラックバック一覧です: シルクロードの入口:

» 桜蘭遺跡の4,000年前のミイラ [「新シルクロード」雑感]
1昨年、私がウルムチの「新疆ウイグル自治区博物館」を見学した時の最大のショッキングな展示品は桜蘭遺跡から発掘された保存状態の大変良い4,000〜3,000年前の... [続きを読む]

« 花粉症対策 | トップページ | 西安で食べる(1) »