無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« モロッコのクスクス、シチリアのクスクス | トップページ | チュニジアンブルー »

2005/01/29

エジプトは凄かった

湾岸戦争が始まる頃、エジプト一人旅をした。
ろくに下調べもせず、ピラミッドでも見てこようか~と、
軽い気持ちで向かった私。それが無謀だと気がついた
のは、カイロに着いてからだった。

戦争のせいで観光客が極端に少なく、特に日本人と
アメリカ人は誰もいないと現地の人がぼやくほど。
だから数少ない日本人の私はエジプト人の生活の糧
みたいになってしまい(;_;)、何処にいても、「タクシー」だの
「これを買え」だの「ガイドする」だのと絨毯爆撃を受けた。

ルクソールで乗ったタクシー運転手が、「お~、日本人か。
オレは何てラッキーなんだ!」(日本人はぼり易いから)と
私に向かってぬけぬけと言ったときは、「このやろ、負ける
もんか」と一悶着起きるのを覚悟した。
(旅行中に自分の性格が変わったのは、後にも先にも
このエジプト旅行の時だけ‥‥^^;)

0005s

朝から晩までそんなことの連続で、子供は可愛げがないし
(バクシーシが少ないといらないと返してくる)、頼みもしない
のに荷物を勝手に持って行ってチップを要求してくるし、
(私の荷物を大人も子供も狙っていて、隙をみてサッと持って
行く。でもドロボウではなく、ちょっとだけ動かして、運び賃
としてチップを要求するのだ)
おまけにどんな約束も守ったためしがない。

悪口を書き出したらキリが無いほど(^^;)

私はシンガポール航空で行ったのだが、帰途チャンギに
立寄ったとき、エジプトとの余りの違いに呆然としてしまった。
あの喧騒は、あの混沌は、いったい何処にいったの?
静かで、整然としていて、誰も私に無関心。チャンギにいる
ことが、しばらくは現実として受けとめられなかった。

こんな過酷な旅だったけれど、そのせいでエジプトは私の
記憶にいつまでも鮮明に残っている。

« モロッコのクスクス、シチリアのクスクス | トップページ | チュニジアンブルー »

旅・その他の地域 」カテゴリの記事

コメント

エジプトの濃さが、すごく印象に残ったみたいですね。

空港のターンテーブルのところで、観光客に向かってツアー業者がセールスかけてくるのも、世界ひろしといえどカイロくらいでは、という気がしてきます。

エジプトは、あのへんの国ぐにのなかでも、特に濃いような気がしてなりません。

アスワドさん、こんばんは。

空港のターンテーブルでセールスかけられましたか。あはは(^o^)もっともらしいネームプレートを付けたりして、いかにも空港職員ですって顔して近寄ってくるんですもん、つい騙されちゃいますよ。私は夜中に着いたので、もう恐い思いをしました。後になってみれば、そう恐くもなかったんですけどね。眼光鋭いおっさんにジロジロ見られて、何だ何だここは~ってビビりましたわ。

アスワドさんも、たまには旅行話を書いて下さいまし。

>アスワドさんも、たまには旅行話を書いて下さいまし。
そうですね。
うちのブログは最近、身辺雑記と映画ねたで埋まりがちなので、ちょっと客層が固定しつつあるような気がしてたところです。
少し、客層をひろげないと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/2731248

この記事へのトラックバック一覧です: エジプトは凄かった:

« モロッコのクスクス、シチリアのクスクス | トップページ | チュニジアンブルー »