無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 世界の道路横断事情 | トップページ | 春と秋の西湖 »

2005/01/24

東京ジャーミィ

西安とは比べられませんが、東京にもイスラムの風景があります。
それが東京ジャーミィ・トルコ文化センターです。
ロシア革命で日本へと逃れてきたトルコ人が1938年に建立した
「東京回教寺院」を改築し、2000年に「東京ジャーミィ」として生まれ
変わりました。

2005jinjya_065s

トルコ本土から材料と職人がやってきてこの美しい建物が完成しました。

2005jinjya_055s

これはトルコの応接室のようです。トルコ文化センターも兼ねていて、
スカーフや絵葉書などが売られていました。私は寄付のつもりで
絵葉書3枚を買ってきました。(1枚70円)

2005jinjya_054_2s

残念ながら礼拝堂は閉まっていました。非ムスリムでも入ることが出来ると
聞いたのでスカーフを持って行ったのですが‥‥。
知人の女性が完成したばかりの頃「東京ジャーミィ」に行ったら、トルコ人が
いろいろ案内して説明してくれたそうです。
いつ行けば礼拝堂を見せてもらえるのかしら。

2005jinjya_058s

いたるところで目にする幾何学模様は、偶像崇拝しないイスラム文化圏で
コーランの一節を装飾文字化したものとか。

2005jinjya_052s


« 世界の道路横断事情 | トップページ | 春と秋の西湖 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

東京ジャーミイは、やっぱり、トルコ風ですね。
気合いれて作ってるだけあって、イスラム諸国の水準ではけっして大きくはないけど、内部が特にきれいです。

神戸のモスク前には、ムスリムのかたが経営しているとおぼしき食料品店がありました。東京のモスクの前にもあると、礼拝に来るかただけでなく、近隣の人も珍しいものを買いにきて、交流の場になってくれるといいかもしれません。

厳密にいうと、アラビア語の「ジャーミ(Jami' 便宜上'で表記した子音は日本語の発音体系にはない音です)」は、ふつうのモスク(masjid 英語の「モスク」の語源)よりも大きなものという位置づけだと聞いたことがあります。
「ジャマア(Jama'a)=集める」という動詞から派生した単語で、人が集う場所、という意味だとか。

多くの人が集まることで、イスラムに根ざした諸文化と、ホスト側の日本に住む人間の文化との橋渡しの役目を、東京ジャーミイがはたしてくれるといいですね。

アスワドさん、こんにちは。
モスクの前にバザールorスークってのはグッドアイディアですね。いっそのことメディナとかカスバのように城壁に囲まれた旧市街風にしたらどうかしら。でもそうすると中華街になってしまうか‥‥。
そうそうトルコ語ではメディナやバザールは何て言うのでしょう?ジャーミって言うのかな?人が集う場所って良い言葉ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/2682225

この記事へのトラックバック一覧です: 東京ジャーミィ:

« 世界の道路横断事情 | トップページ | 春と秋の西湖 »