無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« ふたたび華清池 | トップページ | 初詣散歩コース(アキバ起点) »

2005/01/08

華清池のパンフ

日本にある中国観光局のパンフには「西安事変」に
ついての記事がなかった。でも「華清池」に入る時に
手渡されたパンフは、地図、西安駅からのバスの案内、
歴史などが詳しく載っているスグレモノ。
しかも日本語のものもある。例によってちょっと可笑しい
日本語だが、これまで色々見た中国作日本語の中では
かなりしっかりした文章だと思う。

2005jinjya_035s

2005jinjya_036s

西安事変につしては、
「‥‥‥、張、楊は蒋介石に日本軍に抵抗するように促すため、
何度も悲しくて涙をこぼして”直諫”しましたが、皆断られて
しかたなく”兵諫”を始めました。12日の夜明け方、”兵諫”の
部隊が五間庁の外で蒋介石の護衛隊と激戦し、蒋介石が
銃声を耳にして、あたふたと五間庁の寝室の窓から跳び出し、
更に塀を越えて、衛兵により支えて山に登りました。夜が明けた
後に、山を捜査する部隊に山の中腹に発見され、西安まで
送られました。
 西安事変とその平和的な解決は時局転換の中枢になり、
その後、国共合作の全民族の統一した抗日戦線は形成
しました。華清池もこの歴史を積載するため名を歴史に
記されます。」(原文のまま)

などと書かれています。
「どこが平和的な解決やねん」(←ここだけ何故か関西弁)と
つっこみをいれたくなりますが(^^;)、まあこのパンフのお陰で
西安事変の概要が分かりました。

せっかく日本語で作ったのだから、出来たら日本にある
中国観光局にも置いてほしいです。


« ふたたび華清池 | トップページ | 初詣散歩コース(アキバ起点) »

旅・中国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/51795/2507404

この記事へのトラックバック一覧です: 華清池のパンフ:

« ふたたび華清池 | トップページ | 初詣散歩コース(アキバ起点) »