無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »

2004年12月

2004/12/30

兵馬俑坑

西安観光の目玉は、規模の大きな世界遺産が多い中国でも
一ニを争うスケールの「秦の始皇帝、兵馬俑坑」だろう。

seian_066_2s

今発掘されている1号坑、2号坑、3号坑は体育館のような大きな建物で
覆われている。まだまだ全容は明らかになっていない。

兵馬俑坑の他に発掘品も展示されている。

seian_082s

秦の始皇帝が眠る墓所(地下宮殿)は、発掘の予定も立っていない
とか。発掘しなくても地下宮殿内部を調べることが出来る方法が
検討されているようだが、何でも良いから早く地下宮殿の様子を
おしえて欲しい。

2004/12/26

西安おもしろスナップ

古都西安の街角で、古都らしからぬ光景を見かけた。

seian012_2s

メインストリートには華やかなウェディング関連の会社が目についた。
これは人間のマネキン。ショーウインドゥにいるのはマネキンでなく
生身の人間。

seian_008s

この車は何?

seian_017s

鐘楼周囲はロータリーになっていて、その地下はそれぞれの通りを結ぶ
地下街になっている。その地下街に貼ってあったポスター。一人一人の
プロフィールが書いてある。人気コンテスト?

seian_095s

ロックスターも先生というのか。

seian_219s

パンダのゴミ箱。

2004/12/12

華清池

華清池といえば楊貴妃が美しい肌にみがきをかけた温泉地として
有名ですが、ここはもう一つの歴史の舞台でもあったのです。
それが西安事変です。

seian_050s

私は西安事変に関しては知識も関心もなかったのですが、この事件は
中国共産党の消長を左右する歴史的事件だったので、今でも重要度は
高いようです。日本はもう一方の主役です。

seian_049s

でも各地からやってくる中国人観光客も、蒋介石よりは楊貴妃のほうが
お好みのようでした。ここには今でも源泉が湧いていて、温泉に入ることも
出来るし、忙しい人向けに「足湯」ならぬ「手湯」もありました。

seian_051s


2004/12/08

西安&杭州スナップ

西安と杭州のスナップ写真をアトランダムにアップします。

西安ではシングル1泊2000円のホテルに泊まりました。
西安の中心地にあり、バス、トイレ、アメニティグッズ、お茶セット
揃っていて、おまけに中洋バイキングの朝食つき。部屋は狭く
(でも日本のビジネスホテルくらい)隣室の物音が聞こえて
時々うるさかったけど、ローマの1泊1万円のホテルより
ずっとマシでした。
下の写真はホテルの私の朝食。他にもチャーハン、焼きそば、
包子など、いろいろ揃っていました。

seian_084s.jpg

次の写真はシルクロード起点にあるモニュメント。
らくだを引き連れた隊商のようです。
いつか陸路で(鉄道)シルクロードを踏破したいものです。

seian_300s.jpg

この写真は西安の後に行った杭州。
杭州は中国人憧れの美しい西湖がある街です。
でももう一つの魅力はここが中国一の緑茶の産地だと
いうこと。茶畑の中にある「中国茶葉博物館」は必見です。

seian_320s.jpg

2004/12/07

西安で食べる

西安には回族(イスラム系)の人々が沢山住んでいます。
当然街にはイスラム料理のレストランや屋台が並んでいます。

その中で私が一番気に入ったのは、実はイスラム料理でなく
この写真のお菓子です。人気のあるお菓子らしく、これを売る
屋台は沢山ありました。

seian_284s.jpg

小さな筒の中におもちを入れて蒸します。
それに色んな甘味をトッピングしてくれて一個1元。
いくらでも食べられそうで、昼も夜も行って合計五個も食べて
しまいました。

seian_269s.jpg

2004/12/06

西安&杭州

初めての西安(4泊)と半年ぶりの杭州(3泊)に行ってきました。

どちらも中国を代表する観光名所ですが、経済発展著しい沿海部と
経済発展に遅れをとっている内陸部という大きな違いもあります。

西安は、貧しい地方の人々や少数民族が、生きるために集まって
いる街。杭州は、ゆとりの出来た人々が暮らしを楽しむ街。
おおざっぱに言って、そんなイメージでした。

seian_253s.jpg

西安は、良い意味でも悪い意味でも、日本との係わりが深い街だと
思いました。
日本人にとって西安(長安)は、遣唐使の時代に多くの日本人を魅了
した歴史の街ですが、中国人にとってはそれとともに「西安事変」の
街でもあるようです。
私は勉強不足で「西安事変」について殆ど知識がなかったので、
いろいろ考えさせられました。中国共産党にとってエポックメーキング
ともいえる事件なので、ほとんどの中国人が知っているのでしょう。

感心したのは、トイレがキレイになったこと。
数年前に昆明、麗江に行ったのですが、トイレが汚くてせっかくの
世界遺産も台無しでした。でも観光に力を入れている中国は、トイレの
整備が先決と気付いたようです。今では雲南のトイレもキレイになって
いることでしょう。

seian_249s.jpg

杭州では枯葉がハラハラ舞う西湖と茶館を楽しんできました。

seian_336s.jpg

そうそう「中国茶葉博物館」もようやく見学することが出来ました。
まだ一部施設は建築中でしたが、博物館を取り巻く広い庭園は
きれいに整備されていました。ここにも有名レストラン「楼外楼」があり
ましたが、食事は西湖畔の方で食べることにして、ここではお茶だけ
飲んできました。

seian_330s.jpg

杭州といえば西湖と茶館ということで、いろいろな茶館に入って
きました。その結果ちょっと面白い体験もしました。
そのうちに茶館特集などアップしたいと思います。

« 2004年11月 | トップページ | 2005年1月 »